茶道具やコーヒーカップ等の備前焼通販サイト

お問い合わせ(店主直通):090-6034-9551
店舗営業時間:平日・土曜祝日/10:00〜17:00

備前焼の用語

焼きものには、茶器、お皿、ご飯茶碗、どんぶり、鉢(はち)、徳利などの酒器、マグカップ、コーヒーカップなど様々な種類があります。当店は、備前焼の販売を通して焼きものの魅力をお伝えしています。魅力をより知っていただくために備前焼の用語をこちらでは、いくつかご紹介いたします。

■窯変(ようへん)■

一般的な焼きものにおける窯変は、焼き上げる時の炎の性質によって、予想しない変化が窯の中で起こり、偶然に生まれた焼きものです。備前焼の場合ですと、窯変を意図的に起こして、模様や色づけなどを行います。備前焼の焼き色の種類は、窯変によって生み出されます。

■青備前■

熾きや灰に埋まり、高熱によって煙と一緒にいぶし焼きにしたためにできる青灰色になったものです。このような形で青く焼き上がった焼きものは、自然青・天然青などと呼ばれ、人工的に作られた焼きものは食塩青とも呼ばれています。食塩青は、焼き上がる直前に窯の中に食塩を投げ込んで作られます。

■白備前■

一般的な備前焼は、土色が独特な雰囲気を醸し出していますが、白備前は、備前作家によっても作り方が変わってくるその名の通り、土色ではない白い備前焼です。時の流れと共に白備前の数は少なくなりつつありますが、今でも白備前を作っている備前作家もいらっしゃいます。

■伏せ焼き■

かぶせ焼ともいわれ、一つの焼きものに別の焼きものをかぶせて焼くことで、直接的に炎が当たらない部分や熱の伝わり方が大きく変わってきます。それによって、他の焼き方とは異なり、独自の色を出すことができます。蕪徳利にも良くみられます。

この他にも、緋襷(ひだすき)、胡麻、桟切(さんぎり)、カセ胡麻、灰かぶりなど、備前焼の焼き色の種類も備前焼の説明にてご紹介しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。珈琲カップ、ポット、珈琲ドリッパーなどもいくつかご用意しています。コーヒーがお好きで、コーヒーカップにもこだわってみたい、より美味しいコーヒーを飲んでみたい、そんな方には当店の備前焼をおすすめします。


 (スマートフォンはこちらから)
     



特定商取引法に基づく表示


個人情報保護のための
行動指針ページ




備前焼作家:藤原聡のプロフィール

ショップ・工房案内
備前陶房藤原
〒709-0731
岡山県赤磐市石蓮寺341−1
TEL:090-6034-9551 (店主直通)
【店舗営業時間】
 平日・土祝日/10:00〜17:00
※毎週日曜日は定休日
 (その他不定休日あり)
※Webショップは定休日なし
 *メンテナンス等による休業日あり
※お電話でのお問い合わせは
 上記時間内でお願いします。
※メールでのお問い合わせは24時間
 対応です。
メールでのお問い合わせはこちら
ショップ・工房案内





「備前陶房藤原」ー店主ブログー

※ブログをご覧になりたい方は上記を
 クリックしてください。

※当店では下記のランキングサイトに
 登録しております。
 もしよろしければ、下の各バナーを
 クリックして、ご投票下さい。

陶芸 ネットショップランキング


陶器・食器 ネットショップランキング

伝統工芸 ネットショップランキング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記表示の「e-shopsローカル」は全国各地の店舗や企業情報を紹介するサービスです。

赤磐市・陶・やきもの工芸
赤磐市
陶・やきもの工芸


※ご意見・ご要望などありましたら
 下記の「陶房掲示板へ」からお願い
 します。

【掲示板への書き込み方法】
1.下記の陶房掲示板へをクリック
2.掲示板内の新規書き込みをクリック
3.必要事項を記入して投稿をクリック

     陶房掲示板へ




備前焼の扱い方について
備前焼の用語
徳利について
茶道に欠かせない茶道具について
魅力たっぷりの備前焼をお探しなら