茶道具やコーヒーカップ等の備前焼通販サイト

お問い合わせ(店主直通):090-6034-9551
店舗営業時間:平日・土曜祝日/10:00〜17:00

茶道に欠かせない茶道具について

日本の伝統的な文化の一つに茶道が存在しています。茶道では使用する道具、所作の一つ一つが意味を持っており、もてなす相手に失礼がないようにするためにも、必要な道具をきちんと揃えることは大切です。

■独特の作法に使う道具■

お手前をする時、茶器や茶杓を清めるために使う二枚重ねの絹製の布を帛紗(ふくさ)と呼びます。性別で使用する色が分かれており、男性は紫、女性は赤や朱のふくさを使用することが一般的で、流派によっても色は違います。お手前をする時は腰に挟むのが基本です。懐紙(かいし)や小茶巾(こちゃきん)は濃茶を飲んだ後に、茶碗の飲み口を拭いて清めるために使われます。

茶道で使用する必要性を理解している方が少ないのが扇子です。現代では扇子は「扇ぐための物」というイメージが定着していますが、茶道では「自他を区別し、謙虚さを示す」という役目を持っています。扇子は、挨拶や掛け物を拝見する時に主に使用され、結界の役割を担っているため、扇子を自分の前に置いて挨拶をすることで、相手より一歩下がった位置から挨拶を交わすことができます。 涼をとるために扇子を扇ぐのは、茶道では正しい使い方とは言えません。

■お茶を入れるために必要な道具■

釜はお湯を沸かすための鉄製の道具で、大きさや形は決まっていません。茶会を開くことを「釜をかける」とも言うほど、茶道を行う上で大切な道具だと認識されています。茶せんは、お茶を点てるための道具で流派によって竹の種類や形状が異なります。お茶を飲むために使われる茶碗は、陶磁器製で産地によって唐物(中国)、高麗(朝鮮)、和物(日本)に大別されます。薄茶で使用する茶碗に規定はありませんが、濃茶を入れる茶碗は、絵柄が描かれていない物を使用することが一般的です。

備前焼茶道具を探している方は当店をご利用ください。通販の当店では、備前焼の商品を専門に販売しており、抹茶碗や水指などの茶道具以外には、鉢やご飯茶碗などの商品を販売しています。


 (スマートフォンはこちらから)
     



特定商取引法に基づく表示


個人情報保護のための
行動指針ページ




備前焼作家:藤原聡のプロフィール

ショップ・工房案内
備前陶房藤原
〒709-0731
岡山県赤磐市石蓮寺341−1
TEL:090-6034-9551 (店主直通)
【店舗営業時間】
 平日・土祝日/10:00〜17:00
※毎週日曜日は定休日
 (その他不定休日あり)
※Webショップは定休日なし
 *メンテナンス等による休業日あり
※お電話でのお問い合わせは
 上記時間内でお願いします。
※メールでのお問い合わせは24時間
 対応です。
メールでのお問い合わせはこちら
ショップ・工房案内





「備前陶房藤原」ー店主ブログー

※ブログをご覧になりたい方は上記を
 クリックしてください。

※当店では下記のランキングサイトに
 登録しております。
 もしよろしければ、下の各バナーを
 クリックして、ご投票下さい。

陶芸 ネットショップランキング


陶器・食器 ネットショップランキング

伝統工芸 ネットショップランキング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記表示の「e-shopsローカル」は全国各地の店舗や企業情報を紹介するサービスです。

赤磐市・陶・やきもの工芸
赤磐市
陶・やきもの工芸


※ご意見・ご要望などありましたら
 下記の「陶房掲示板へ」からお願い
 します。

【掲示板への書き込み方法】
1.下記の陶房掲示板へをクリック
2.掲示板内の新規書き込みをクリック
3.必要事項を記入して投稿をクリック

     陶房掲示板へ




備前焼の扱い方について
備前焼の用語
徳利について
茶道に欠かせない茶道具について
魅力たっぷりの備前焼をお探しなら